花粉症レーザー治療 I2PL フラッシュ光線療法 分子整合栄養医学 オーソモレキュラー療法サプリメント外来 栄養療法 高濃度ビタミンC点滴 がん治療 そううつ病 パニック障害 ADHD ASD 自閉症 統合失調症 パーキンソン病 アトピー性皮膚炎 にきび マイヤーズ・カクテル点滴 グルタチオン点滴 禁煙外来 アンチエイジング めまい 漢方治療 ハイドロキノン しみ治療 美肌治療 にんにく注射 男性型脱毛症 プロペシア 

特定健診

FrontPage

特定健診・特定保健指導のご案内  

当院は特定健診・特定保健指導対応医療機関です。

40歳から74歳までのすべての方が対象です。

いままで健診を受けてこなかった被扶養者の方も退職された方も受診してください。

メタボリックシンドロームに着目し、生活習慣病を予防します。

健診結果による必要度に応じて、本人に適した保健指導が行われます。

不健康な生活習慣を続けていると内臓脂肪が蓄積し、メタボリックシンドロームの原因となります。

さらに、その状態を放置しておくと、
脳卒中や心臓病(心筋梗塞など)、糖尿病合併症などの
生活習慣病を引き起こす危険が増大します。

そこで、新しい健診・保健指導では、
メタボリックシンドロームとその予備軍を見つけ、
生活習慣病を予防するプログラムが組まれます。

特定健診の受け方⇒医療保険者からのお知らせ  

実施主体である国保や健保組合などの医療保険者から、
受診機関や受診日などについてのお知らせや受診券・利用券などが送られますので、
受診券をもって受診してください。

特定健診・特定保健指導は年に一回行われます。

健診データの管理・活用⇒医療保険者が保管・分析  

健診結果のデータ管理は、国保や健保組合などの医療保険者に義務付けられます。

そのため、過去の健診データと比較・分析するなど、効果的な保健指導が可能です。

新しい保健指導のレベル別内容  

健診結果や質問票の判定が行われた後、
生活習慣改善の必要度に応じて、
保健指導のレベルが3段階に分けられます。
改善の必要度[情報提供]・・受信者全員に生活習慣病予防のための情報を提供します。
改善の必要度[動機づけ支援]・・原則一回の支援を行います。
改善の必要度[積極的支援]・・3ヶ月から6ヶ月の継続的な支援を行います。

メタボリックシンドロームの診断基準  

下の,鵬辰┐董↓◆銑い里Δ腺欧聴幣紊乏催すると、
メタボリックシンドロームと診断されます。
また、下の,鵬辰┐董↓◆銑い里Δ腺韻弔乏催すると、予備軍と診断されます。
(囲
 男性85cm以上  女性90cm以上

       +
高血糖
 空腹時の血糖値110mg/dl以上
 (特定健診では100mg/dl以上)
9盞谿
 最高血圧 130mmHg以上
   かつ/または
 最低血圧 85mmHg以上
せ藜前枉
 中性脂肪 150mg/dl以上
   かつ/または
 HDLコレステロール値 40mg/dl未満

メタボリックシンドロームになる主な原因は、  

不適切な食生活や運動不足です。
また、喫煙は動脈硬化を進行させる原因のひとつです。

適切な食生活・・・  

○栄養バランスのよい食事
○腹八分目を心がける
○間食しない
○よくかんでゆっくり食べる
○飲酒の量を減らす

運動の習慣・・・  

○毎日歩く習慣をつける
○エレベーターやエスカレーターを使わない
○ちょっとした合間に筋力トレーニングを行う
○休日には車を使わずウォーキングなどの有酸素運動で脂肪を燃焼

瀬戸市・尾張旭市国民健康保険にご加入の皆様へ  

40歳から74歳の健康診査が無料になります!
(基本健康診査が特定健康診査に変わります。)
《実施方法》
期間:6,7,9,10月の4か月間
場所:こいで耳鼻咽喉科
できるだけ事前に電話でご予約ください。
(朝食ぬきが必要です)

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional